乳がんの教科書

乳がんの基礎知識

そもそも、乳がんとはどのような病気なのでしょうか?
原因は?
症状は?

 

…「乳がん」という病名だけが独り歩きしている状態で、
具体的なことについては調べたことがないという方も多いでしょう。

 

「怖いから具体的なことは知りたくない」
「自分とは縁がないことだ」
と思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、それでは手遅れになってしまうかもしれないのです。
万が一の時に適切な対応をとれるよう、乳がんの基礎について学びましょう。

乳がんの基礎知識記事一覧

「もしかして!?」乳がんの症状とは…

がんは、身体の中で発生するものですから、外側からはなかなか判断しにくいものです。(もちろん、皮膚がんなど外側に明らかな症状が見てとれるがんもありますが)しかし、乳がんは、一般的な「がん」の中では症状が分かりやすい部類。「もしかして乳がんでは…」と病院を受診する女性の7割は、「胸にしこりがある」と訴え...

≫続きを読む

 

乳がんのしこり。特徴は?

「乳がんの症状は?」と聞かれた場合、多くの方がイメージするのは「しこり」ではないでしょうか。確かに、しこりは乳がんの代表的な症状。胸にしこりがある場合は乳がんである可能性も高いです。実際、「胸にしこりがあるんだけど…」と病院を受診して命拾いをした方もたくさんいらっしゃいますよね。しかし、乳がんだから...

≫続きを読む

 

乳がんには種類がある

筆者は、家族の乳がん告知を受けた時、医師にこんなことを聞かれました。「乳がんについて調べてみましたか?」「乳がんには種類があるのをご存知ですか?」「浸潤がんという言葉をご存知ですか?」…正直、一つも答えられませんでした。家族ががんになったというショックで、とても乳がんについて調べる気持ちにはなれなか...

≫続きを読む

 

乳がんはどこに転移しやすい? 

がんで怖いのは、「転移」ですよね。転移とは、がんが、発生した場所に留まらず、血液やリンパの流れに乗って他の組織にまで広がって増殖することです。乳がんの転移は、がん細胞が比較的小さい段階から起こると言われていますので、たとえ初期の段階だったとしても他の場所に転移が進んでいることもあります。ちなみに、筆...

≫続きを読む

 

乳がんとリンパ節転移

乳がんについて調べていると、よく、「リンパ節郭清」という言葉にぶち当たります。この言葉の意味、ご存知でしょうか?そもそも「リンパ」とは、細胞組織の間の体液のこと。全身の細胞から老廃物を集めて、リンパ管を通して運搬する役目を果たしているんです。リンパ節とは、リンパの管が集まるところを指しています。わき...

≫続きを読む

 

乳がんの転移について

外科的な手術や化学療法で、一旦は乳がんが「治った」状態になっても、油断はできません。なぜなら、血液やリンパの流れを通して全身にがん細胞が拡散している可能性があるからです。いわゆる、「転移」の可能性が残るわけですよね…。乳がんの手術を受けた人の100人に2〜3人は再発・転移するというデータもあるのです...

≫続きを読む

 

乳がんの原因

乳がんに関しては、「コレ!」と限定できるような原因が特定できていないのが実際のところ。しかし、乳がんの発生・増殖には体内で作られる“ホルモン”が深く関与していることが分かっています。このホルモン量のバランスの崩れが、乳がんの原因の一つではないかと考えられているのです。そもそもホルモンとは、身体の機能...

≫続きを読む

 

乳がんと遺伝 

母親や姉妹など、家族で乳がんになった人がいる人は乳がんになりやすいので注意が必要…ってよく言われますよね。つまりそれは、乳がんは遺伝的なものと関係があるということ。実際、乳がん全体の約5%は、遺伝性の「家族性乳がん」であることが分かっています。この5%という数字を、「多い!」と見るか「意外と少ない」...

≫続きを読む

 

乳がんの“ステージ”とは 

乳がんに限らず、がんの話をする時に出てくるのが「ステージ」という言葉。これは、日本語にするといわゆる「病期」のことで、がんの進行度を表しています。「乳がん」と一口に言っても、がんの大きさや転移の有無などによってステージが分けられていて、治療法も異なります。そのため、乳がんと診断が下された後は、次の段...

≫続きを読む

 

乳がんになりやすい年齢 

乳がんのなりやすさには統計的な特徴があります。かつて、日本では「年齢30代後半から急激に増え始め、40代後半でピークに達し、高齢になるにしたがって減っていく」というのが乳がんの特徴でした。ところが、最近は高い年齢層でも乳がんが増えています。これは、欧米に多く見られる特徴。逆に、20代など低い年齢層で...

≫続きを読む

 

スイーツは乳がんの敵!?

これまで、アジアの女性は西欧の女性と比べて、乳ガンが少ないと言われていたそうです。ところが、みなさんもご存知の通り、近年は日本でも乳がんを発症する方が増えています。それは一体、なぜなのか??一概に、「これだけが原因だ」と限定することはできませんが、この現象には食生活の西欧化が原因であると考えられてい...

≫続きを読む

 

乳がんには痛みはある?

乳がんの症状といって真っ先に思い浮かぶのは「しこり」ではないでしょうか。胸にしこりができた経験のある方でなければ、その感触はなかなかイメージができないかもしれませんね。でも、1番気になることは、「そのしこりに痛みがあるのかどうか?」ということではないでしょうか。誰でも、痛いのは嫌なものですよね(笑)...

≫続きを読む

 

男性も乳がんになる

女性にあって、男性にはないものってなんでしょうか?…一つではなく、色々なものが思い浮かぶと思いますが…(笑)。乳房(バスト)のその一つ。豊かなバストは、女性の象徴と思われがちです。しかし、男性にもいわゆる“乳房”はあり、中には乳がんにかかる方もいるのです。男性で乳がんに罹患するのは、60歳以上の高齢...

≫続きを読む

 

乳製品と乳がんの関係を検証!

「日本人の乳がんが増えているのは、乳製品の摂取量が多くなったから」…って聞いたことはありませんか?健康雑誌やヘルス関連のWebサイトでたまに目にするのですが…。実際のところ、乳がんと乳製品の関係はどうなっているのでしょうか。答えを先に言ってしまうと、どうやら、乳がんのリスクと乳製品の関係についてはハ...

≫続きを読む

 

乳がんの生存率は…

乳がんに限らず、がんになってしまった場合に一番気がかりなことは「生存率」ではないでしょうか。生存率は、簡単に言うと命が助かる確率。知りたいけれど、怖くて知りたくない…。本人も家族も、そんな葛藤と闘っているのではないかと思います。この生存率は、実は、病期(=ステージ)と密接な関係があります。体力的なも...

≫続きを読む

 

乳がんと子宮筋腫の関係 

乳がんと並んで女性に多い病気といえば、子宮筋腫でしょう。子宮筋腫とは、子宮の「平滑筋」の中にできる筋肉の瘤(こぶ)。症状自体は決して珍しい現象ではなく、ごく小さなものも含めれば成人女性の10人に2〜4人の頻度で子宮筋腫があると言われています。しかも、子宮筋腫は良性の腫瘍であって悪性の腫瘍ではありませ...

≫続きを読む