乳がんの教科書

乳がんのなりやすさと年齢の関係

乳がんのなりやすさには統計的な特徴があります。
かつて、日本では
「年齢30代後半から急激に増え始め、40代後半でピークに達し、
高齢になるにしたがって減っていく」
というのが乳がんの特徴でした。

 

ところが、最近は高い年齢層でも乳がんが増えています。
これは、欧米に多く見られる特徴。

 

逆に、20代など低い年齢層でも乳がんの発症率が高まっています。
この背景には、日本人のライフスタイルや
食生活の欧米化が影響しているのではないかと指摘されています。 

 

例えば、ライフスタイルに関して言うと、
非婚傾向や高齢出産の傾向が高まっていることも
乳がんの発生に影響を与えていると考えられます。

 

また、食事に関しても然り。
動物性たんぱく質の摂り過ぎは
乳がんの大きな要因であると指摘する声もあります。

 

あるデータによると、今後も日本の乳がん患者は増え続け、
2015年には、年間5万人もの方が
乳がんに罹患する状況に至るのではないかと予測されています。

乳がんと月経の関係

乳がんは、女性ホルモンと密接な関わりのある病気です。

 

…ということは、閉経前・閉経後で「なりやすさ」に差があるハズ。
確かに、かつては閉経後よりも閉経前の女性に乳がんが多かったんです。

 

ところが、最近では閉経後に乳がんに罹患する人も増えてきているのだとか。
閉経前・閉経後でほぼ同率になりつつあるというデータもあります。

 

つまり、年齢による「乳がんのなりやすさ」に
差がなくなってきているということです。

 

ちなみに欧米では、閉経前より閉経後のほうに乳がんが多く見られ、
高齢になってからの乳がん罹患率が増加しているそうです。

若年性乳がんの特徴

一般的に、年齢が35歳よりも若い年齢で発症した乳がんを
「若年性乳がん」と表現しています。
最近、日本では20代や30代の乳がんの発症率が高まっているのです。

 

年齢が高くなってくると、
「そろそろがんの検査も受けなくちゃなあ」
という意識も出てくるものですが、若い頃は
定期的に検査を受ける習慣や自己検診を行うことは少ないですよね。
それだけ、発症リスクに対しての意識が薄いのです。

 

また、年齢が若い場合にはがんの進行も速いため、
乳がんが見つかった時にはかなりステージが進んでいる…
というケースも多いのだといいます。

 

とにかく初期のうちに発見できればそれだけ予後の経過も良好ですし、
乳房を温存できる可能性も高くなります。
年齢に関係なく、定期的に検査を受ける習慣を身につけることが大切です。

 

若年性乳がんの場合、妊娠や出産、結婚にも深刻な影響を与え、
精神的にも大きなダメージとなる可能性があります。
年齢が高い患者以上にショックが大きい場合もありますので、
周りでサポートする家族も乳がんについて基礎的な知識を
身につける必要があります。

 

結婚している場合は、そのパートナーが患者をしっかり支えられるかが鍵です。
男性から見れば、ともすれば
「胸がなくなったくらい、たいしたことではない」
「食事だって普通に食べられるじゃないか」
と思われるかもしれませんが、女性にとってはそうではありません。

 

言うまでもありませんが、乳房を失うことは、
年齢に関わらず女性として大きな損失感を味わうことになるのです。
なくしたものを取り戻すことはできませんが、
その空白感を埋めるためにも、
傍にいてそっとサポートしてくれる存在が必要だと思います。