乳がんの教科書

乳がんは遺伝する?

母親や姉妹など、家族で乳がんになった人がいる人は
乳がんになりやすいので注意が必要…ってよく言われますよね。

 

つまりそれは、乳がんは遺伝的なものと関係があるということ。
実際、乳がん全体の約5%は、
遺伝性の「家族性乳がん」であることが分かっています。
この5%という数字を、「多い!」と見るか
「意外と少ない」と見るかはあなた次第ですが…。

 

この遺伝性の乳がんに関わっていると考えられる遺伝子も特定されているようで、
例えば「BRCA1」「BRCA2」という遺伝子が
「原因遺伝子」として挙げられています。

 

アメリカでの調査結果によると、
遺伝性の乳がんと考えられる患者の遺伝子を調べたところ、
BRCA1陽性の人が52%、BRCA2が陽性の人は32%だったということです。

 

ただし、この遺伝子を持っている人全てが乳がんを発症するわけでは
ありませんので早合点しないように!!
遺伝子を持っていても、75歳までに発症する確率は80%で、
100%ではありません。

遺伝性の乳がんの特徴は?

遺伝による家族性乳がんの場合、
最大の特徴は年齢が比較的若い頃に発症することです。

 

また、左右両方の乳房に相前後して発生する可能性が高いことも
特徴の一つでしょう。

 

…というと、ものすご〜く不安になってしまう方も多いと思います。
実際、筆者も、家族が乳がんになった時は
焦ってすぐに乳がん検診に行きましたので…。
幸い、その段階では異常がありませでしたが、
「自分はいつか乳がんになるだろう」という確信は強く持っています。

 

このような不安を解消するために、
病院によっては、家族性乳がんのカウンセリング・クリニックを
開設しているところもあるようです。

 

「必ずしも乳がんが遺伝するとは限らない」と分かっていても、
やはり不安は払拭できないものです。
これからの乳がん治療は、
本人だけを対象としていてはいけないのかもしれませんね。

 

…そうはいっても、乳がんの原因遺伝子については研究の途上の段階で、
まだまだ分かってないことも多いよう。
医療分野のこれからに期待が高まります。

家族性乳がんの判断基準とは?

遺伝の関係で、乳がんになる確率が高い人がいることは分かりましたよね。
でも、わざわざ高いお金をかけて遺伝子チェックをするのは
ちょっと抵抗があります。
何か、もっと簡単な判断基準があれば…と思いませんか?

 

調べてみたところ、日本でよく知られている
家族性(遺伝性)乳がんの判断基準は次の通りです。

 

●第1等近親者(親、子供、兄弟姉妹)に、
本人を含めて3人以上の乳がん患者がいる。

 

●第1等近親者(親、子供、兄弟姉妹)に、
本人を含めて2人以上の乳がん患者がいて、
そのうち1人が次のいずれかに該当する。
・40歳未満の若年発症者である
・両側に乳がんができた
・他の臓器のがんを合併した
・男性乳がんを発症した

 

 

…これらは絶対的な基準ではありませんが、一つの目安になるのは事実。
筆者は家系に3人乳がん患者がいますので、
かなり注意が必要ということが分かりました。

 

遺伝子検査はできるの?

どうしても遺伝子の検査をして、白黒ハッキリさせたい!
という方のためにご紹介しておきますが、
乳がんの原因遺伝子を検査する血液検査には保険が適用されません。
ですので、自己負担が大きくなってしまうという点がネックです。

 

全国およそ40の医療機関で受けることができますが、
費用は20〜40万円かかることを覚悟しておきましょう。

 

具体的な医療機関名はコチラで検索すると便利です。
株式会社ファルコバイオシステムズ

 

※大学病院やがんセンターなどで、
「臨床試験」という形で血液検査をすることは可能です。
この場合は、費用の負担が軽減されるようですので、
お近くの医療機関に確認してみましょう。