乳がんの教科書

乳がんを治療する

一言で「乳がんの治療」と言っても、
その治療法は症状や医師の方針によって様々です。

 

手術をする場合もあれば、切らずに済む場合もありますし、
手術にも様々なやり方があります。

 

ひと昔と違って、現在は、
医師に言われるがままではなく患者自身が自分で治療法を選ぶ時代。

 

乳がんにどんな治療法があるのかを知り、前向きに治療に立ち向かいましょう。

乳がんを治療する記事一覧

乳がんの担当は何科?

30代を目前にして、「そろそろ乳がんの検査を受けてみようかな」と思っている方も多いことでしょう。でも、初めての時は色々と疑問な点も多いですよね。そもそも、乳がんの検査を担当しているのは何科なのでしょうか。「女性の病気だから、やっぱり婦人科じゃないの?」という声も聞こえてきそうですが…。「何科か」とい...

≫続きを読む

 

乳がんの検査を受けよう!

乳がんの場合、病院での検査以上に重要視されているのが自宅での「セルフチェック」です。いわゆる、自己検査ですね。乳がんは、ある程度の大きさになれば日常生活の中で気づくことができる程度の明らかな症状が出てきます。その点は、他の部分(主に内臓)にできるがんに比べて恵まれている点です。例えば、乳房をくまなく...

≫続きを読む

 

マンモグラフィーで乳がん検査

乳がん検査ですっかりおなじみとなった「マンモグラフィー」という検査。ピンクリボン運動の効果で、若い女性も積極的にこの検査を受けるようになったようですね。マンモグラフィーとは、簡単に言ってしまうと、レントゲン検査のことです。2枚の板の間に乳房を挟み、ぎゅーっと圧迫して乳房を平らにして撮影します。筆者も...

≫続きを読む

 

超音波で乳がん検査

数年前、年に1度は乳がん検査を受けようと心に決めた筆者ですが、いつもマンモグラフィーばかりで、実は1度も超音波検査を受けたことがありません。前回受けた際に、「乳腺が発達していて画像が見にくいので、次回からは超音波検査も併せて受けるように」と言われたため、次回は受けてみようと思っているのですが…。超音...

≫続きを読む

 

日本での乳がん治療の現状

皆さんもご存知のように、乳がん検診といえばマンモグラフィーが現在の主流。これは日本に限ったことではなく、国際標準でも同様のことがいえます。欧米諸国では、マンモグラフィー検診を導入した結果、1990年から乳がんの死亡率が下降に転じたという調査結果もあります。ところが、これに対して日本では、ここ数年、乳...

≫続きを読む

 

乳がんの手術法

「乳がんになっても、絶対に乳房は失いたくない!」…そんな強い意思をお持ちの女性も多いことでしょう。バストは、女性のアイデンティティーを支えているものの一つ。乳房の手術や乳房を失うことに対して強い拒絶感を持つのは当然のことだと思います。しかし、医療の発達に伴って、乳がんの手術技術も日進月歩で進化してい...

≫続きを読む

 

乳がんの治療法

今でこそ、病期に合わせて様々な治療法を選択できるようになった乳がんですが、かつては手術が主流でした。とにかく、悪いところを切って除去してしまえ!という治療法だったのです。では、そもそも日本における乳がん手術はいつ頃から行われるようになったのでしょうか。さかのぼること、1805年、今から約200年前で...

≫続きを読む

 

抗がん剤で乳がんを治療する 

がんの治療法として良く知られているのが、「抗がん剤」を使った治療。乳がんに関しても例外ではなく、抗がん剤を用いた治療や、手術と抗がん剤を組み合わせた治療が一般的になっています。そもそも、抗がん剤を用いる目的は、乳がんのがん細胞の増殖を抑えることや、死滅させることにあります。転移の可能性がある場合、乳...

≫続きを読む

 

放射線で乳がんを治療する

がん細胞は、正常細胞よりも放射線の影響を受けやすいことが分かっています。この性質を利用して、高エネルギーのX線を照射することによってがん細胞のDNAを切断し、損傷させるのが放射線治療の目的です。「関係のない細胞まで傷つけてしまうのでは…」と不安に思う方が多いと思いますが、量や範囲を的確に設定すれば、...

≫続きを読む

 

乳がんの温存手術について知りたい!

長い間、乳がんの手術といえば乳房を切除することでした。簡単に言ってしまえば、病巣も含めて悪い部分をがっさりと取ってしまえば、再発を抑えられるという考え方に基づいた手術が行われていたのです。ところが1990年代に入ると、乳房温存療法がそれにとって代わることに。これは、乳がん手術の根底にある考え方が、「...

≫続きを読む

 

乳がんとホルモンの関係

女性にとって頭の痛い問題である「更年期障害」。年齢と共に女性ホルモンが減少することによって起こる症状であることはみなさんもご存知のことでしょう。それはつまり、女性ホルモンを補充すれば更年期障害の症状を緩和できるということですよね。ところが、女性ホルモンの補充によって乳がんにかかりやすくなるという研究...

≫続きを読む

 

乳がんと乳房の再建 

乳がんで、乳房を全て切除する「全摘手術」を受けた人はもちろんのこと、乳房の一部だけを切除する「温存手術」を受けた患者さんの中にも、「乳房の変形が気になる」「再建手術を受けたい」と希望する方が多いようです。しかし、現在の日本では、再建手術はあくまでも患者さんの希望のもとに行われる手術。残念ながら、保険...

≫続きを読む

 

乳がんと免疫細胞療法

乳がんの治療法といえば、「手術」「放射線」「抗がん剤」「ホルモン治療」といった治療法がメジャーですよね。実際、乳がんに罹患した方の多くが、このいずれかの治療法で治療されていたのではないでしょうか。しかし、近年、乳がんの新たな治療法が台頭しつつあります。それが、「免疫細胞療法」と呼ばれる治療法。免疫細...

≫続きを読む

 

漢方薬で乳がん治療

外科手術や化学療法などによる乳がん治療は、どうしても後遺症や副作用がつきもの。かえって患者の体力や気力を損なう結果にもなり兼ねません。そこで注目されるのが、漢方薬を使った乳がん治療。ご存知の通り、中国悠久の文化背景と深厚な民族基盤に基づいた治療法で、その理論体系と治療方法は非常に特徴的です。がんに限...

≫続きを読む

 

青汁は乳がんにも効果的?

かつては、「マズイ」「飲みにくい」というイメージから敬遠されがちがった青汁ですが、最近は味の改良が進んだこともあり、健康志向の方の間でちょっとしたブームになっています。ケールの代わりに大麦若葉や桑の葉を使って苦味を緩和したもの、はちみつを加えてほんのり甘くしたもの、抹茶風味で“飲みやすさ”を追求した...

≫続きを読む

 

イメージ療法は乳がんに効果的?

人間にとって、何かを「イメージする」という機能は非常に重要な意味を持っています。「イメージが人を創る」とも言われるほど!実際、試験や試合の前に、「自分はできる」「うまくいく」というポジティブなイメージを持って本番に臨むと、適度に緊張が緩和されて実力を発揮しやすかったりします。いわゆる、「イメージ・ト...

≫続きを読む

 

民間療法の是非について考える

がんは、誰もが罹患し得る病気。しかし、何度も再発を繰り返す人もいれば、がんとは無縁の一生を送る人もいます。再発している人からしてみれば、「なんで自分だけ?」と、自分の境遇を呪いたくなってしまうのも無理はありません。神にもすがる思いで、あらゆる民間療法を試している方も多いことでしょう。乳がんの民間療法...

≫続きを読む