乳がんの教科書

乳がんをもっと知るには

乳がんそのものや、乳がんの治療について詳しく知るには、
医学書はもちろんのこと「生の声」が非常に参考になります。

 

入院中のことや手術を受けた後の胸の状態など、
体験した人でなければ分からないことがたくさんあります。

 

乳がんを克服した人や、
今現在も乳がんと闘っている人が運営しているサイトやブログなどを読んで、
本には書かれていない“使える”情報を収集しましょう。

乳がんをもっと知るには記事一覧

乳がんをテーマにした映画

数年前から、乳がんをテーマとした映画が増えていますよね。これは、それだけ乳がんに罹患する患者さんが増えていることの現れでもあります。実際、成人女性の20人に1人が乳がんに罹患すると言われていて、20代や30代で乳がんを発症する「若年性乳がん」の患者さんも増えているのだとか。年齢が若いほどがんの進行は...

≫続きを読む

 

乳がんピンクリボン運動

数年前から、ネットや街頭でよく目にするようになった「ピンクリボン」。女性に人気のファッションブランド「TSUMORI CHISATO」のテイストに似たピンクのリボンのシンボルマークでおなじみです。乳がんの啓蒙キャンペーンの一種ということまでは分かっても、「ピンクリボンと乳がんって何の関係があるの?」...

≫続きを読む

 

乳がんと闘うブログ

乳がんと闘う方が立ちあげているブログは数多くあるのですが、中でも印象的なのが、『若年性乳癌になっちゃった! ペコの闘病日記』です。ブログのプロフィールによれば、著者であるペコさんは生まれ育った横浜を離れ、2007年4月にご主人の転勤で札幌に移住。そこで、若年性乳がんと診断されたのだそうです。半年間の...

≫続きを読む

 

乳がんについての学べる本 

日経ヘルス・プルミエ編集部  日経BP社「乳がん?私は大丈夫だよ」なんて思って油断してはいませんか?今や、女性の20人に1人は乳がんにかかる時代。乳がんについて正しい知識を身につけておくことが大切です。そこでお役立ちなのが、この本。「乳がん」の正しい知識をわかりやすく提供してくれる本です。検査の種類...

≫続きを読む

 

乳がんになった有名人 

ピンクリボン運動など、乳がんについての啓蒙活動を目にしても、「自分はまだ若いから」「家族に乳がん患者がいないから」…と、他人事のように感じている方もいるのではないでしょうか。しかし、私たちが思っている以上に乳がんを発症する方は増えているのです。例えば、有名人をみてみましょう。女優やタレント、作家…乳...

≫続きを読む

 

田中好子さんと乳がんの戦い

2011年4月、「スーちゃん」こと田中好子さんが乳がんで亡くなりました。このニュースは、田中好子さんのファンのみならず、多くの女性たちにとってもショックな出来事だったことでしょう。田中好子さんは、19年前(36歳の時)に乳がんを発症して以来、年に2〜3回の検査を欠かしていなかったそうです。それでも病...

≫続きを読む

 

乳がん体験について語ろう

テレビや映画、小説の中でよく見る「告知」の場面。重々しい雰囲気の中で、医師に現実を突きつけられて絶望する…筆者の中では、そんなイメージが出来上がっていました。そのため、母が乳がんかもしれないという疑いが高まり「ご家族と一緒にいらしてください」と通告された時、「これがあの“告知”ってヤツかあ…」とひど...

≫続きを読む

 

セカンドオピニオンのススメ

「セカンドオピニオン」という言葉をご存知でしょうか?普段、病気とは縁がないという方には、あまり馴染みのない言葉かもしれません。しかし、女性の18人に1人が乳がんを発症すると言われている昨今。あなたがセカンドオピニオンを求める可能性もゼロではありません。セカンドオピニオンとは、その名の通り、「2番目の...

≫続きを読む