乳がんの教科書

バランスの良い食生活が全ての基本!

乳房を全摘するにしても、部分切除するにしても、
乳がんの手術後しばらくは精神的にもブルーな日々が続くと思います。

 

筆者の母も、主治医からは

 

「(無理のない範囲で)積極的に身体を動かして、
いつも通りの日常生活に戻すように」

 

と言われていたにも関わらず、1カ月くらいは自宅で塞ぎこんでいました。
第一、人に会う気にはならなかったようですね。

 

それでも、サポートする側としては、
食事だけはしっかり食べてもらうように気をつけていました。
食べるものさえしっかり食べていれば、体力も気力も少しずつ戻ってきて、
今まで通りの日常生活に自然に戻っていけるのでは…と思ったからです。

 

栄養の面で特に気をつけていたのは、
「緑黄色野菜を多めに」ということ。
色の濃い緑黄色野菜には「抗酸化力」があり、
これがガン予防に効果的だからです。

 

体内で発生した活性酸素は、
DNAを傷つけることで細胞のミスコピーを生じ、
これが結果的にはがん細胞になっていくわけですが
緑黄色野菜にはこの「活性酸素」を無毒化する作用があるのです。

 

また、「塩分を控えめに」というのもポイントです。
乳がん手術後はリンパ液の流れが滞りやすくなり、
腕に“むくみ”が出る場合があります。
塩分の過剰摂取は細胞内に余分な塩分を溜め込む原因になりますので、
むくみが出やすくなってしまうのです。

オシャレだって楽しめる♪

乳がんの手術後は、
「もう、身体のラインが出る服は着られない」
「オシャレも楽しめない」
…と、ファッションに対しても悲観的になりがちです。

 

しかし、乳がん専用のブラジャーもありますし、
パッドも色んなタイプのものが出ています。
ワコールなどのブランドにこだわると高めですが、
楽天なら2,000円以下という手頃な価格で購入できます◎
パッドなら、500円!(これは、デパートでもさほど変わりません)
実際に触ってみたことがありますが、
違和感のない美しいラインを作るためにきめ細やかな工夫が施されています。
デザインも、普通のブラジャーと遜色ないですしね。

 

「どういう商品が良いのか自分では判断できない」
という方は、デパートの下着売り場で相談してみてはいかがでしょうか。
親身に話を聞いてくれますし、カタログの類も色々と紹介してもらえます。

 

ご自身が乳がんを経験されているという
専任のスタッフさんを配置しているお店もあり、
体験を踏まえた上での実用的なアドバイスがもらえると思います。

 

女性にとってファッションを楽しむことは、
日常生活を楽しく過ごすためになくてはならないエッセンス。
もちろん、締め付けの強いタイトな服は
浮腫の原因にもなりますのでNGですが、
身体に負担のかからない範囲内でオシャレを楽しむことは
気持ちをアゲる上でも大切なことです。

健康食品とその効果

乳がん手術後に退院し、日常生活に戻った後に最も気になるのは、
「再発を防ぐためにはどうやって生活していったら良いんだろう?」
ということではないでしょうか。

 

「今までの自分の生活に問題があったから乳がんになってしまったんだ」
と、これまでの日常生活を全否定してしまう方も多いかもしれません。

 

しかし、決して、日常生活だけが乳がんの原因になっていたのではありません。
遺伝的な体質もありますし、
それこそ“運”による影響も100%否定することはできません。
ですから、安易に日常生活を変えようとする必要はないでしょう。
(もちろん、もともとの日常生活が
あまりにストレスフルであったのだとすれば
それは改善していく必要はありますが…)

 

新たに、健康食品の類の購入に走る方も多いですが、
巷にあふれている健康食品の中には、がんを改善する効果や安全性について
科学的に証明されていない商品も多いようです。
「食品」とは言っても、中には人間のホルモンに似た作用を持つものもあり、
特にホルモン療法を受けている方にとっては悪影響をもたらす場合もあります。

 

健康食品を飲み始める際は、安易に自己判断せず、
必ず主治医に相談してから購入するようにしましょう。